あらゆるビジネスの場面に役立つ情報

独りよがりは売れない原因

オープンしてまだ3ヶ月のとある飲食店のあるオーナーさんの話ですが、そのオーナーさん曰く宣伝もしたし、味にもこわだわりがあって自信があるけど、お客さんが全然入ってくれないとのこと。
改善しなければならないこと、まだ悩む段階ではなないこと、この飲食店、確かにお客様からの評判はいいし、味も抜群。
チラシも定期的に捲いているし、でも流行らない、繁盛しない。
その最たる原因はどんなことだと思いますか?一言で言うとあれもやった、これもやった、だから大丈夫だろうというオーナーの独り善がりな「だろう」です。
このオーナー以外にも「○○を販売しているのですが、サッパリ売れません。
店をオープンして半年ですが、お客さんが全然増えません。
このように嘆いてる方の話を聞いてみると、ほとんどの方が、営業にしろ、広告にしろ、独りよがりの考えで「だろう運転」で突っ走ってしまっているのです。
それで失敗している事にすら気がつかないということもあります。
自分は間違っていないしこれだけやっていれば大丈夫と、しがみついているだけなのです。
「これで大丈夫だろう」という考えには、常に落とし穴が待っています。
こうすればこうなるだろう、的な考えは危険です。
もし、売れ行きが落ちているのなら、お客様の入りが鈍いなら嘆く前に、独りよがりな考えになっていないか?もう1度よく考えてみましょう。
自分の考え、やり方に凝り固まっていては、失敗した事すら正当化しようとしてしまいます。
これが一番怖いことで、そうなれば、真綿でじわりじわりと自分で自分の首を絞めているだけになります。
待っているのは、ジリ貧だけです。
そうならない為にも、常に自分の考え、やっている事は正しいかどうか?テスト(客観視する)し、もし失敗したなら、それをしっかり受け止めることです。
そして、受け止めた事を次のテストへ活かしましょう。
そんなシンプルなことを怠らないように常に注意しておきましょう。